572 views

小満とは 二十四節気 意味や特徴

小満とは

小満」とは「しょうまん」と読みます。

二十四節気の第八節に当たります。

小満の期間

期間はその年によって1日くらいずれてきますが、大体5/21~6/5前後です。

小満の特徴

小満は前の立夏から次の芒種の期間を指しています。

いろんなものが次第に成長して、ある程度の大きさに成長している。

そんな情景を表しています。


「暦便覧」には

「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。

万物に生命が充満して、草、木、枝、葉っぱ。

それらがかなり大きくなって実がなり始める。そういった意味を謳っているのでしょう。

小満の間に起こる事柄

秋に蒔いた麦の穂が実り、収穫できるようになります。

そのことから、ちょっと安心、そして満足。

そんな気分をも表しているように感じます。


ちょっと満足

少し満足

小満

小満の間の行事

横浜開港記念日

横浜の港が開港したことを記念して、毎年行われているイベントです。

かなり大きな行事のようで、最近は3日間連続で行われています。


内容は

海を使ったイベント

陸での展示会や模擬店

ステージでの行事

こういったのが大規模的に行われています。


掃海母艦「うらが」というのがあるのですが、それが 一般公開

されたりと海、船好きにたまらないですね。

ご一緒にどうぞ


→トップページでおススメコンテンツをまとめてます。←

ワクワクしたらポチッとシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しもう」がTAIJIのテーマ。
今日はなにか良いことありました?
サラリーマンブロガー、iPhoneMaster、元バーテンダー、占い師(予定)
1987年生まれ岐阜県美濃市出身。10年近く名古屋に住んでいましたが、美濃市に戻ってきました。2児のパパ。趣味は読書、面白便利アプリ探し、旅行。SNSなど絡んでいただけると嬉しいです^^楽しくいきましょう!