75 views

速読や読書術がやっぱり大切!これから練習を始めるのでご報告

こんにちは、
TAIJI(@taiji_jintano)です。

人生を楽しむために読書をするにあたって、速読や読書術というスキルはやっぱり大切です。なにをするにも制限があって苦しい現代。解決するには短時間でいろんな知識を身につけ、世の中を渡っていく力を身につける必要があります。

その力を身につける手っ取り早い方法が読書です。ただ、読書に時間を使いすぎてしまって、生産的な活動をする時間がなくなってしまっては本末転倒。
と、いうことで、TAIJIは速読と読書術をしっかりと練習していこうと決めました。

めざすは1日1冊

TAIJIには30分しか時間はない!

子供が2人、通勤は車で往復3時間。

こんな生活をしていると、自分の自由時間というのは本当にありません。もしかすると、30分もないかもしれません。

なので、せめて1日に30分くらいは読書をする時間を作りたい。そんな気持ちがあります。逆に時間を区切ったほうが集中力ややる気も出てくるのでこの気持ちで挑戦していきます。

1日1冊読めたら最強

1日に数百ページある本を30分で読めるようになったら最強だと思いませんか?

普通は1ページを1分と考えると、1冊読み切るには少なくとも3時間や4時間くらいかかってしまいます。

1週間に1冊のペースです。

1週間で読むものを1日で読み切ることができたら、すごいですよね!


Sponsored Link

取り入れる速読法

TAIJIが速読や読書術を調べる中で気になった手法で1日1冊読書に挑戦するようにします。以下で、意識したい方法をご紹介します。

レゾナンスリーディング

最近発見した本に、「レゾナンスリーディング 」という名前で紹介されていた読書法があります。著者と共鳴しながら、エネルギーを感じる所や気になるところを読んでいくといった手法のもので、その手法を使えば1冊20分で読破できるようになります。

ブロック読み

1文字1文字読んでいては流石に時間がかかりすぎます。文字をまとまりで捉えて理解するように意識するだけで、スピードは上がります。

2つを合体させて読破

2つの利点をいかした方法で読むと、かなりいい読書になるのではと考えています。

レゾナンスリーディングを言い換えると、気になるところを探して読む方法で、読まずに捨てる場所がかなりあります。ブロック読みは認識スピードをどんどん上げていく方法で、どこを読むかはそこまで気にしない。

レゾナンスリーディングで読む場所を探し、その周辺をブロック読みで一気に読んでいくようにすれば、自分がその本から知りたい情報をしっかりとすくい上げることができます

読書記録としてシェアします

読んだものを記録

せっかく読書をするので、どんな本を読んだか。どんな内容だったか。こういったものを記録しながら、このブログでもまとめていく予定です。

1冊読み終わるごとに、シェアしていきます。

要点をまとめておススメ

そのシェアの方法ですが、

  • どんな人におススメか
  • なぜそう思ったのか
  • 1番心に残った所
  • 全体像を把握する10のポイント
こんな感じでまとめようと思っています。

なにか本を読みたいなと考得ている時の参考にして下さいね。

つぶやき

TAIJI
今年の目標は読書を習慣にすることです。空いた時間にスマホでSNSを開いて友達のリア充自慢を見るのは、ただ時間を浪費しているだけなのでは?という感覚になっています。その時間を読書の時間にすると良い時間になるんだろうなぁと考えています。
Twitterのんびりやってます^^(@taiji_jintanoをフォロー)



Sponsored Link

ワクワクしたらポチッとシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。