40 views

洗濯物干しの時短術!用意すると便利なのは「机」!?その使い道

子供服の写真

TAIJI
洗濯物を干すのって、もっと楽にならないのかなぁ?
ウサくん
「机」を使ってみたらどう??

洗濯物って単純作業なだけあってかなりめんどくさい作業ですよね。ちょっとした工夫でストレスを軽減してみませんか?そして、気楽に洗濯物を干せるように慣れていきましょう。


こんにちは、
洗濯物干しが自分の仕事になりつつあるTAIJI(@taiji_papa)です。


ただ、干す作業ってやり始めたら終わるまで進めることができますが、やり始めるまでに心の葛藤があります。めんどくさいという気持ちに勝たないといけませんもんね。

そんな中、を1つ用意するだけで洗濯物干しが楽になる便利な使い方を発見したので、ご紹介します。

机?ただ邪魔でやることが増えるだけなんじゃ?
という声が聞こえてきそうですが、最近けっこう助けられているのでご紹介します。


Sponsored Link


なぜ洗濯物干しってめんどうなのか

まず洗濯機を回すのは、けっこう楽に始めることができますよね。それもそのはず、洗剤と柔軟剤を入れて「ピッ」と押すだけであとは洗濯機が勝手にやってくれるから。

でも洗濯物を干すという動きに関しては、かなりめんどくさい。

なんでめんどくさいと思うのかについて理解を深めておくと、オススメする机を使った時短術がしっくりきます。

大変な作業の繰り返し

洗濯カゴに入った洗濯物は、くしゃくしゃだったり、絡まっていたり、裏返しになっていたりしています。

すぐにハンガーへかけることができれば気持ちは楽ですが、干すための前動作が必要になります。

絡まっているのを解いて、裏返っているのを直して、やっと干せる。そんな感じです。

お恥ずかしいですが、イライラし始めてしまいませんか?


一旦休憩が入る

洗濯しようと意気込んだとしても、まずできることは洗濯機を回すという作業だけ。それなんて1分で終わってしまいます。

洗濯が終わるのは、平均するとだいたい40分くらいではないでしょうか。

せっかく洗濯しようとスイッチが入ったとしても、40分も間隔があると気持ちも休憩モードに入ってしまいます。

休憩モードの気持ちを再度やる気にさせるのは至難の技です。


種類がたくさんある

もし、洗濯物がTシャツだけだったりしたらすごく気楽だと思います。

しかし、現実はさすがに違うんですよね。

自分の服、子供の服、妻の服。増してや下着などなど。いろんなサイズ、形の衣類が混ざってしまっています。靴下のセットを探すとかもだいぶ面倒。

さらに使うハンガーも、タオル用とか、洗濯バサミがたくさん付いたハンガーとか様々です。

まずはこのハンガー。次はこっちのとあれこれ動かないといけなかったりするのも大変だと感じています。


机を使って楽になろう

では、ここから本題の机を使った時短術を紹介します。少しでも干すことが楽になれば、やる気アップに繋がります。

洗濯機を回したらさっそく準備

おすすめの机は、折りたたみ式のものです。


洗濯機を回したら、休憩に入るまでに干すためのセッティングを先にしてしまいます

そうすることで、2つのメリットがあるんです。

まず、1つ目は「休憩時間が少なくなることで、心のスイッチを入れやすい

2つ目は「準備しているから後に引けない」です。

休憩時間が少ないほど、心のスイッチを再度入れやすいし、もう準備しちゃっているからやらないといけないという環境が出来上がります。


干すものと干さないものに分ける

洗濯物の干し方

下手な絵ですみません( ´∀` )。TAIJIはよく、大人用の服やズボンから干し始めています。

ただ、洗濯カゴの中から探す必要はありません

手に取ったものが服やズボンならハンガーへさっそく干す。

反対に、子供の服だったり下着だったりした場合は、裏返しになっているのだけを直して一旦机に種類で分けして逃しつつ、同じ種類のは積んでいきます。

あとはその繰り返しで大人の服がなくなるまで進めます。


分けたものを順番に干す

大人の服が干し終わった頃には、机の上に種類で分かれて干すばっかりになっている洗濯物が積まれています。

同じ種類に別れているし、靴下も自然とセットになっているはずです。

小物は小物ハンガーへ、子供用の服は子供用のハンガーへと干していくだけです。


Sponsored Link

楽になったらあとは継続

机に一旦逃すということをするだけで、気持ちが楽になります。

楽になったら続けることもできるので、その後は自分なりの効率の良い方法を探していくといった流れでやっていくと、家事ができるいいパパになれます。




まとめとつぶやき

まとめ

机は洗濯物の友

今回は机を使って洗濯物の負担を減らす方法をご紹介しました。
大きいのを干して、次は小さいもの、また大きいのというのは、思ったよりもめんどくさかったので干すものと後から干すものと分けて進めることで効率的にできるようになります。


今日のつぶやき

TAIJI

洗濯物って本当にめんどくさいです。
僕が休みの日は、洗濯物をするのはパパの仕事になっています。

やりたいことがたくさんある中で、どうすれば自分にとって負担にならないかなと考えてたどり着いた方法がこれでした。

一度試しにやってみてください^^

それと、もう一つ。もっと絵がうまくなりたい!

Twitterのんびりやってます^^(@taiji_jintanoをフォロー)



Sponsored Link
子供服の写真

ワクワクしたらポチッとシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。