iPhone

iCloudストレージが容量オーバーを解決!「基礎知識と有料&無料のすすめ」

iCloudの画僧

こんにちは、
TAIJI(@taiji_jintano)です。

仕事がら、iPhoneの使い方相談を受けることがあります。

ウサくんA
ウサくんA

機種変更したけど、iCloudのストレージが容量オーバーでバックアップできない。どうすればいいですか?

ウサくんB
ウサくんB

いつもiCloudのストレージが一杯って表示されるけど、どうすればいい?

持っているiPhoneなどが壊れたり無くなったりした時のために、写真のバックアップは必要です。

もう知っている方も多いですが、こういった相談へのアドバイスとして伝えていることをまとめました。

「有料」の一発で解決する方法と、ちょっと手間はかかるけど「無料」の方法の2つをご紹介します。

この記事の内容はこちら↓

  • iCloudの特徴:注意!無料は5Gまで
  • 解決策①:「有料」iCloudストレージを大きくする
  • 解決策②:「無料」サービスGoogleフォトと絡める

ここだけの話、TAIJIはセコイ人間なので、無料で収めようとあれこれ設定しています。

2019年3月現在の情報です。

iCloudストレージの特徴:注意!無料は5Gまで

iCoudは自動的にバックアップを取ってくれたり、ほかのAppleの端末と同期できたりとすごく便利です。

しかし、無料で使える容量には決まりがあります

それが、「5G」。

この5Gですが、気にしていないとすぐに容量オーバーになってしまうんですよね。

写真なら2500枚で満タン

最近の写真は大体「2MB(メガバイト)」くらいです。

5Gは5000MB。

5000÷2=2500

写真だけを保存するにしても2500枚で満タンです

iCloudはいろんなデータを保管&同期

写真を例にあげましたが、iCloudは写真を保存してくれるだけではないです。

  • 電話帳同期
  • パスワード同期
  • 一括バックアップ
  • 各種設定
  • 位置情報同期

などなどいろんなことをしてくれます。

なので、少し余裕をもってデータの管理をしておかないと、すぐに容量オーバーになるし、便利機能が動いてくれなくなってしまいます。

解決策①:「有料」iCloudストレージを大きくする

1番簡単に解決する方法はやっぱり課金。

iCloudの容量プランをアップグレード」です。

毎月料金をAppleに支払うことで、iCloudに預けることができる容量を増やせます。

iCloudのプラン(2019年3月現在)

iCloudの容量

  • 50G→130円
  • 200G→400円
  • 2T(テラ)→1300円

設定方法

*支払い方法の設定がしていない場合は、クレジットカード、キャリア決済、iTunesカード購入などで先に設定をお願いします。

設定を開く

iCloudの設定は、歯車のようなマークのアプリから設定していきます。

名前、IDの部分をタップ

設定画面iCloudはここ

最近のiOSはこの名前のところにiCloudの設定が入っています。

iCloud

iCloudの場所iCloudが見つかります

iCloudを押すと詳しい設定画面が開きます。

ストレージを管理

iCloudのストレージiCloudのストレージから設定

ここを押して

アップグレード

iCloudアップグレードの場所の画像アップグレードから進めます

ここを押して

希望のプランを選択

iCloudのプランの画像ちょっと余裕を持たせるといいかも

自分にあったプランを選んでください。

購入する

最後は購入最後は購入で完成

最後は購入するを押して、処理が終わるのを待ちます。

以上、けっこう簡単にできるのでこれくらいだったら払っていいかという方は、やってみてください。

解決策②:「無料」サービスGoogleフォトと絡める

ここからは、TAIJIが実際に使っているGoogleフォトの方法です。

Googleフォトの設定

Googleフォトの設定はかなり簡単です。

先にGoogleのアカウントの登録をしておいてください。

「AppStoreからインストール」→「ログイン」→「設定」→「バックアップと同期」→「オン」

ログインの方法などの画像を用意しようと思ったのですが、うまく作れませんでした。すみません。

「アップロードサイズ」は高画質で

特徴:Googleフォトは無制限

ちょっと画質が落ちても良ければ、Googleフォトは無制限で写真と動画を預けることができます

無制限ってすごいですよね。

TAIJIの場合は2012年ごろの写真から全部入っています。

アシスタント機能が面白い

AIとまでは言わないかもしれませんが、Googleフォトが自動的にいろんなことをしてくれます。

特に気に入っている機能は、

  • 数年前の今と同じ日に何をしていたかをお知らせ
  • 顔と場所で仕分け
  • キーワードにヒットしそうな写真のピックアップ
  • 自動的に動画を作成

Googleフォトはただ保存できるだけではなく、遊び心も兼ね備えているので好きです。

iCloudバックアップの写真を「オフ」

Googleフォトに写真と動画を預け終わったら、iCloudバックアップに写真と動画を含めないようにします。

iCloudバックアップバックアップという項目があります
バックアップの先の写真今使っている端末を選択
選択画面の画像どれをバックアップしたい?

設定の中にiCloudにバックアップという項目があります。

その中にバックアップするアプリを選択することができるので、必要なものを「オン」。

不必要なアプリを「オフ」にします。

iCloudフォトライブラリも「オフ」

最後に、iCloudに入っている写真と動画を消して完成です。

「設定」→「iCloud」→「写真」→「iCloudフォトライブラリ」→「オフ」

これで写真を消すことができます。

まとめ

以上、iCloudのストレージがいっぱいになってしまった時の解決策をご紹介しました。

昔はiCloudのストレージ容量を上のプランにするには、もっとお金が必要だったのですが、今はすごくお手ごろになりました。

お金に余裕がある方、一括で管理したい方は「iCloudのプランをUP」

お金をかけないのを優先するようでしたら、「Googleフォト」がおススメです!

おしらせ

Twitterで更新情報などを流しているのでよかったらフォローしてくださいね^^
↓ ↓

>>当サイトのコンセプトが気になった方はこちら

>>TAIJIがどんな人か気になった方はこちら

人気記事ランキングに参加してます!

応援クリックお願いします^^




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。