45 views

レビュー:名古屋アンジェローブのおすすめポイントと今後に期待ポイント

アンジェローブは他と違った開放感があって好き!というような半日記的レビューを。


こんにちは、
TAIJI(@taiji_jintano)です。


先日、友人の結婚式で名古屋にあるアンジェローブという結婚式場へ行って来ました。

敷地が広くて、まるで別の国にいるような感覚にさせてくれるいい所。

実はここ、昔TAIJIが約6年間働いていたところで、今回の新郎新婦が出会った場所もここアンジェローブなんです。

そして、その二人を繋げたのが自分。

いやぁおめでたい!

今回は、そんな幸せな気持ちになっているTAIJIが、スタッフとしてではなくお客さんとして結婚式に参加したことで気付いたアンジェローブのおすすめポイントと、もうちょっとこうしたほうがいいのでは?という今後の期待ポイントとしてレビューします。

なお、今回はパパに向けてというよりは、会場選びで迷っている新婚さん向けになっています。


アンジェローブのおすすめポイント

開放的なのに別世界

アンジェローブは名古屋市内の中では町からかなり離れた場所に位置しています。

そのおかげで土地を広く使うことが出来るので、開放的な場所になっています。

今までいろんな結婚式場へ行って来ましたが、思い返すと大体が壁に囲まれていて閉鎖的な息苦しさを感じるイメージです。

アンジェローブは広く作られているので、気持ちよく楽しめました。


スタッフの教育

これはTAIJIが働いていた頃から変わっていないですが、アルバイトの子達への教育がしっかりしているなと感じます。

どうしても接客業を続けていると、「この人は接客慣れをしている」とか「新人さんかな?」とか「もったいないなぁ」と感じることがあります。

今までで特に残念だなと感じたことは、ただ料理を出すだけのお手伝いさんのようなアルバイト。

他には、同じ間違いを何度もするあまい接客。

それに比べ、アンジェローブは他の結婚式場と比べると、場馴れ感というかプロ意識というか、お客様をしっかりもてなすぞという意識が高いように感じが今でも残っていたことが本当にうれしかったです。


新コンセプト

TAIJIが働いていた頃にはなかったことです。

新しいコンセプトが生まれていました

それは、会場と料理に対してです。

料理と言うと、値段とメニュー、そしてちょっとした新郎新婦のこだわり。というようにそこまで強いメッセージはありません。

今回は、「色」というコンセプトのもとに、料理を目で楽しみつつ、次の料理への期待を膨らませてくれる面白いアイディアがありました。

ちなみに、こちらが実際に出てきたメニューです↓









すみません、お肉料理は準備し忘れました。


今後に期待ポイント

もう少し言葉慣れ

料理はかっこいいし、高級レストランのようにこだわりを料理提供の際に説明してくれるサービスをアンジェローブは行っています。

それは素晴らしいことなのですが、さすがに口から出し慣れていないのかただ教科書を読んだような口ぶりで、「ん~惜しい」、「これはどうやって楽しめばいいの?これは何?」とちょっとだけもったいなさが残ってしまっていました。

料理説明の練習であったり、説明文章の見直しをして聞いている人がしっくりくるようになったらすごく気持ちの良いサービスになると思います。


交通の便

やっぱり、立地としては良いとは言えません。

名古屋の駅を中心に考えると、どれだけの結婚式場をパスしていかないといけないのか。

名古屋駅からはあおなみ線という電車が出ていて、終点の金城ふ頭という駅がアンジェローブがある場所です。

乗り換えなどの必要はないのですごく簡単ですが、ちょっと遠いのが難点です。

大体の二次会は名古屋駅周辺ですることが多いので、行って帰っては気分的に・・・

せめて、電車移動の人へ向けた割引チケットであったり送迎サービスなどがあるとさらに満足度はあがるんだろうなぁと感じました。


新しい何か

大学生のころから結婚式業界で働いていたので、見てきた披露宴の数は500件ほどになっています。

正直いうと、見飽きてしまいました。

なんかいも結婚式に参加している人からすると、ちょっとだけ違うところはあったとしても、どれも同じような結婚式になってしまっています。

ここいらで、新しい結婚式のスタイルを提供し始めることができたら、楽しい結婚式を作ることができるんじゃないかと思っています。


ウェディングレポート



今日のつぶやき

TAIJI

なんかすごく偉そうなことばっかりを言ってますね。

でも、結婚式は楽しんだもの勝ち。やりたいことやって、新郎新婦、参列する人たちみんなが楽しめてこその結婚式だと思います。

TAIJI自身、結婚式をかなり盛大にやりましたが、もっとこうすればよかったなぁと今でも思い出すことがあります。プランナーさんとしっかりと作戦を練って悔いのない結婚式ができたらいいですね。

Sponsored Link

合わせてこちらの記事もどうぞ!

お知らせ

Twitterで更新情報などを流しているのでよかったらフォローしてくださいね^^
@taiji_jintanoをフォロー

>>当サイトのコンセプトが気になった方はこちら

>>TAIJIがどんな人か気になった方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

夢を持って楽しく生きていくっていいですよね!仕事が第一とは考えれない人間。「せっかくだから人生楽しもう」が人生のテーマのクズブロガーです。iPhoneMaster、元バーテンダー。岐阜県出身。2児のパパ。趣味は読書、面白便利アプリ探し。コメント、SNSで絡んでいただけると喜びます。

>>詳しいプロフィールはこちら
>>更新情報・リアルタイムでシェアしたいことはLINE@でお届け中!