小満とは 二十四節気 意味や特徴

小満とは

小満」とは「しょうまん」と読みます。

二十四節気の第八節に当たります。

小満の期間

期間はその年によって1日くらいずれてきますが、大体5/21~6/5前後です。

小満の特徴

小満は前の立夏から次の芒種の期間を指しています。

いろんなものが次第に成長して、ある程度の大きさに成長している。

そんな情景を表しています。


「暦便覧」には

「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。

万物に生命が充満して、草、木、枝、葉っぱ。

それらがかなり大きくなって実がなり始める。そういった意味を謳っているのでしょう。

小満の間に起こる事柄

秋に蒔いた麦の穂が実り、収穫できるようになります。

そのことから、ちょっと安心、そして満足。

そんな気分をも表しているように感じます。


ちょっと満足

少し満足

小満

小満の間の行事

横浜開港記念日

横浜の港が開港したことを記念して、毎年行われているイベントです。

かなり大きな行事のようで、最近は3日間連続で行われています。


内容は

海を使ったイベント

陸での展示会や模擬店

ステージでの行事

こういったのが大規模的に行われています。


掃海母艦「うらが」というのがあるのですが、それが 一般公開

されたりと海、船好きにたまらないですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。