清明とは 二十四節気 清々しい季節

清明とは 清々しい季節

清明 たんぽぽ

清明とは

「清明」は「せいめい」と読みます。

二十四節気の第五節にあたります。


清明の期間

期間はその年によって1日くらいずれてきますが、大体4/5~4/19前後です。


清明の特徴

「清明」は前の春分から穀雨までの間の期間を指しています。

春も本格化し、気温も安定し始めます。

1年の中で清々しい季節とされており、テレビのお天気情報でも紹介されるくらいです。

『暦便覧』には

「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と書かれています。


何を言っているのかよくわかりませんね。笑

清浄明潔(しょうじょう・めいけつ)と読みます。

清々しい季節で、草木の芽が育ち、咲き乱れるころ。

このように言っているそうです。


清明の間に起こる事柄

桜は東北地方で咲き始め、九州地方ではもう散ってしまう季節でしょう。

暦便覧にもあるように、清々しく気持ちのいい気候に恵まれ、

花がどんどん咲き、冬の寂しさは完全になくなります。


タンポポ、蜂、天気も香りもいい季節が本格化しています。


清明のまとめ

「清明」せいめいは清浄明潔を略しており、

気候は清々しく、花が咲き、すごくきれいな時期の事を指しています。


次は穀雨

実りの雨が降り始めるようになっていきます。

いつもありがとうございます!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。