「ソーセージ」「ウインナー」「フランクフルト」の違いや見分け方

ソーセージやウインナー、そしてあとはフランクフルト。
いつも何気なく食べているソーセージ。
なぜ同じようなモノなのに名前の違いがあるのかご存知ですか?
実はこれには日本独自の見分け方がありました。

ソーセージだけ別の取り扱い?!

ソーセージ、ウインナー、フランクフルトと同じように見えますが、
調べてみると違いが分かってきました。

実は、ソーセージだけ少し定義が違ったのです。
ソーセージというのは、こういった腸詰した長細い加工肉の全般を言うそうなのです。

そして、その中にウインナーやフランクフルト、
それとボロニアソーセージとそこまで耳にはしないですが、その3種類に分類されています。

ソーセージ、ウインナー、フランクフルトは昔と今では定義が違う

昔の本質的な違いは、詰めものの違いでした。

ウインナーは羊の腸に詰る
フランクフルトは豚の腸に詰る
ボロニアソーセージは牛の腸に詰る

昔の定義はこのように決められていたのですが、
近年になって変わっていきました。

現在のソーセージの定義

最近は人口の腸(人工ケーシングといいます)が主流になってきており、
どの腸に詰まっているかで判断を付けることが出来なくなってきました。

そこで考えられたのが以下の定義です。
(人工ケーシングを使った場合)

太さが直径20mm未満のをウインナー
20mm以上36mm未満のをフランクフルト
36mm以上のをボロニアソーセージ

このように定められました。

なお、今でもそれぞれの腸が使われていた場合は、
太さや長さに関係なく、そこに定められた形で呼ばれているようです。

なぜ、人工ケーシングが主流になったのか


昔、ソーセージの為に羊、豚、牛が大量に使われていました。
その為、ソーセージ文化が世界中に広がると腸が足らなくなってきました。

また、命を大切にする必要があるので、
それに代わるものが開発されて今日に至ります。

この人口のケーシング原料は石油だそうです。。。。

。。。はい。

いつもありがとうございます!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。