お年玉の由来や意味とその相場とは!?

お正月になると、子供はワクワクしますよね。

テレビでは特番。

親戚が集まってご飯を食べたり。

なんといっても「お年玉」がもらえちゃう。

誕生日でもないのに、ただ年を越すだけでお金がもらえる。

子供たちにとっては本当にラッキーな風習ですよね。

大人たちからすると、年始早々からお金が出ていくことになるので、
ちょっとブルー?になっちゃう人もいるんじゃないでしょうか。

今回は、なぜ子供たちにお年玉を渡すという風習が始まったのか。

なぜ、お金をあげることになっているのか

そのあたりの由来や意味を調べつつ、実際に気になる相場をご紹介します。

Sponsored Link


お年玉文化が始まった由来と意味

お年玉の意味

もともとお年玉とは、年始に家にやってくる年神様の魂(活力や運)を分けていただくことが目的でした。

その年神様の魂をこれからの時代をになう子供たちに多く分け与えることによって、元気で健やかに育つようにという意味でお年玉を渡す文化になっています。

お年玉の由来

お年玉の始まりは、お餅が関係しています。

年始にやってくる年神様は鏡餅に居つくと信じられていました。

そのありがたい鏡餅を家族の代表者が家族みんなに分け与えて食べることによって、
年神様から分け与えられた魂を体内に取り込もうとしていたのが始まりです。

鏡餅には年神様の魂が宿っている

そう考えられていました。

この、年神様の魂を略して「年の魂」=「年魂(たま)」と呼ぶようになります。

さらに、餅が玉のように丸いことから、

「年玉」

と変化していき、「お年玉」へと変わっていきます。

このように、最初は子供へ何かを与えるというよりは、
家庭の幸せを祈る行事だったのです。

お年玉の変化

子供へのお年玉になったのはいつから?

上記のように最初は家庭の代表が家族へ分け与えていたのが始まりだったのですが、
最近は子供へ渡すのが主流になっています。

子供へ渡すようになったのはまだ最近のことで、
昭和の高度経済成長期でははないかと言われています。

お年玉の始まりは家庭内で行われていましたが、その後、目上の人から下の人へと移り変わっていきます。

しかし、年月が経つにつれて大人同士で行われることが減っていき、大人から子供へと変わったのが高度経済成長期の頃だったのです。

なぜ、お金をあげるようになったのか?

このお金が主流になったのも高度経済成長期の頃と言われています。

そこに至るまでの変化をご紹介します。

最初は餅でしたが、その後、目上の人から下の人へとなった時に品物やお金(今のボーナスのような感覚)に変わります。

お年玉を渡す対象が子供になると、大人が持っているようなモノをもらっても嬉しくありません。

そこで、どんなものにも変えることが出来るお金となっていきました。

気になる相場

未就学の相場

大体1000円~2000円。

さらにこちらは、お金とまだわかっていない子が多いので、
お金と分かり易いように硬貨を入れて渡すという方もいます。

小学生あたりの相場

小学生の場合は、年齢に大分幅があるので、学年によって若干かわっています。

前半の1年生~3年生を平均すると、2000円~4000円。

後半の4年生~6年生は3000円~5000円。

だいたいこのようになっているようです。

中学生~高校生

いろいろ調べてみたのですが、一番多かったのは中学生、高校生どちらも大体5000円となっていました。

これ以上の金額もありました。

中には10000円、30000円なども。

TAIJIはそんなにもらった覚えはありません!

その後

あとはいつまでお年玉をあげるのか。

そんな考えになっていくと思います。

TAIJIの場合は、親戚によってまちまちでした。

大学生になったら、大人の仲間入りだから、自分で稼げ。

日本では20歳が大人の境目だから、そこで。

調べてみても大体がそんな感じでした。

さらに、金額も5000円~10000円くらいです。

まとめ

TAIJIの家系は親戚がたくさんいるため、親たちで前もって金額が決められていました。

まぁ、子供が10人もいるとかなりの額になってしまいますもんね。

その額は2000円。

中にはTAIJIだけ特別にと5000円くれるおばあちゃんがいたりしたので、嬉しかったのを覚えています。

もともと、お年玉という風習は、家族の行事だったんですね。

そこから親戚から子供へとシフトしていき、今の形に落ち着いたと。

ただ、お金になってしまうと、意味から少しズレていってしまっている気がするのはTAIJIだけでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。