「おせち料理の意味」日本の正月を味わう

楽しんでいただけたら、是非シェア・フォローをお願いします。

正月の保存食として捉えている方も多いと思いますが、
おせち料理にはそれぞれでその年の幸福を願う意味が込められています。

おせち料理は地方によって様々ですが、
代表的なメニューの意味をお伝えします。

おせちを食べる時、意味を知っているとさらに美味しく感じられるかもしれません。

そもそも、おせち料理の起源は?

おせち料理の起源は弥生時代と言われています。かなり古いです。

当時、その頃の人々は季節の変わり目ごとに自然の恵みや収穫を感謝して神様にお供え物をしていました。

それを「節句」と言います。

さらに、そのお供え物を大量や豊作を願い料理をして食べたのを「節句料理」と言います。

この節句料理がおせちの起源です。

後に、中国から節句の祝いの習わしが入ってきた際、
「節会(せちえ)」と言われる宴が催されるようになります。

この節会で神様にお供えした料理や振る舞われた料理ことを「御節供(おせちく)」といい、
略されて「おせち」と言われるようになりました。

江戸時代あたりになり庶民にも広がり、1年の節目の正月に食べるようになりました。

祝い肴三種

田作り~小さいけど尾頭付きで食料には困らない~

昔、五穀豊作を願い小魚を肥料として撒いたことから名づけられました。

田んぼを作る。「田作り」となり、食料に困らないようにといった願いが込められています。

数の子~子宝と子孫繁栄を願って~

数の子とは、ニシンの卵です。ニシン=2親と考えられており、
そこから大量の卵が産まれてくることから、子宝や子孫繁栄に結び付けられました。

黒豆~今年も元気に働けるように~

豆は元々、丈夫、健康を意味する言葉のようです。

「まめに働く」を象徴するものとして、黒豆を使うようになりました。

口取り

紅白かまぼこ~清い一年を過ごせるように~

かまぼこの半円の形が、初日の出に似ていること。

さらに、赤色は魔除け、白色は神聖・清浄を表していると言われています。

伊達巻~正月から洒落た料理で景気づけ~

南蛮から伝わったカステラに似た、お洒落なモノ。

昔、伊達はお洒落なといった意味で使われており、お洒落な卵焼きを食べることで、
贅沢なひと時を味わうようななりました。

栗きんとん~豊かさと勝負運を祈って~

栗きんとんは黄色です。

こちらを黄金、財宝と見立てて金銭的な豊かさを祈って食べられていました。

さらに、「勝栗」という言葉があるように、勝負にも縁起がいいと言われています。

昆布巻き~養老昆布・よろ昆布で健康長寿~

「よろこんぶ」を「養老昆布」と字をあて、昆布を健康と喜び、長寿と願いを込めています。

酢の物

紅白なます~紅白でめでたい~

お祝いの水引に見立てたものです。

綺麗な水引を食べることで、めでたい気を体にとどめるという意味合いがあります。

焼き物

エビ~腰が曲がるまで長生き~

エビの腰が曲がっていることから、
腰が曲がるまで長生きをしていらっしゃる老人に似ているとし、長寿を願っています。

意味を考えて、美味しく食べるが最高のお正月おせち

お正月は、家族でゆっくり過ごすことが出来る時間。

中にはあいさつ回りなどでお忙しい方もいるかもしれませんが。。。

おせち1つ1つに意味があり、それを考えながら今年はこんな年にしたいなと意気込むと、きっといい年になりますね。

Sponsored Link

ご一緒にこちらもどうぞ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。