桶狭間の戦い織田信長が勝った理由を簡単に解説

桶狭間の戦いで全国的に有名になる織田信長の話を簡単にまとめてみました。

様々な説がある中で、この記事でご紹介するのは、信長公記で書かれた説です。

数ではかなりの劣勢と言われる織田信長軍。

しかし、織田信長はその劣勢を物ともせず勝利しました。

なぜ織田信長は勝つことができたのか。

その理由について簡単に書いてみました。

Sponsored Link


桶狭間の戦いとは

永禄3年5月19日(1560年6月12日)

25000人の兵士を率いて進行した今川義元。

彼は尾張地方を我が物にしようと駿河から攻めてきた戦国大名です。

それに対し、尾張の権力を持っていた織田信長が迎え撃ちます。

今川軍の25000兵に対し、織田軍は2000兵~3000兵。

数では圧倒的に劣勢な戦いでしたが、
見事、織田軍は今川義元の首を取り勝利したとされています。

その戦場となったのが桶狭間という場所でした。

現在の桶狭間の場所

愛知県名古屋市緑区に桶狭間古戦場公園があります。

桶狭間古戦場


さらに愛知県豊明市にも桶狭間の戦いの石碑があります。

それらから察するに、
熱田神宮から少し東~豊明市の間が桶狭間の戦いで戦場になった場所だと考えられます。

織田信長が桶狭間の戦いで有名になった理由

圧倒的な数的劣勢を者ともせず、勝利した織田信長。

1/10しか兵が居なかったのにも関わらず勝てたことが織田信長の名を全国へ広げることになりました。

なぜ織田信長はこの桶狭間の戦いで勝つことができたのか。

劣勢の中で勝てた理由

当時、今川の元にいた徳川家康は、大高城に大量の兵量を送り込んでいたとされています。

そこから今川の軍は大高城に向かう事が織田信長には分かっていました。


駿河から大高城に向かうにはどうしても通らないといけない道があり、
その道は狭間といわれる細い窪地でした。

その窪地に今川軍が差し掛かった時に、奇襲をかける。

それが織田信長が勝てる唯一のポイントでした。

Sponsored Link

しかし、信長がすごいのはそこからです。

ただ奇襲をかけるだけでは勝率もそれほど高くない。

そこで用意したのが「農民おもてなし作戦」

そのおもてなし作戦、
今川軍が狭間といわれる細い窪地に差し掛かった時に、
農民がお酒やお餅を持って現れました。

長距離を移動して疲弊した兵を休ませるために、
今川軍はそこで昼飯を取ることにしました。

しかし、この農民は信長のスパイ。

ここで足止めに成功した信長軍は一気に今川義元だけを狙って攻めます。

奇襲を受けた今川義元。

25000の兵も上手く機能することなく、
今川の周りを守るのは6000兵ほど。

さらに直接今川を守ることができるのは300兵くらいだった所から、
逃げるしかなくなった今川義元。

そこに追いついた織田信長の将が今川の首を取ったそうです。


それによって戦意を喪失した今川軍は帰るしかありませんでした。


また、一説によると義元は桶狭間山で討たれたとされている記述もあるようです。

いまだにどちらが正確なのかは定かではありません。

いつもありがとうございます!

Sponsored Link

9 件のコメント

  • さすがに2000ほどの兵士で25000の兵に勝てるわけなく
    信長を大きく見せる為の誇張との説もありますね。

    • どんどんいろんな説がささやかれていますね。
      ここで書いていることも間違っている可能性が高いとつくづく思います。

  • いやいや山で休息では無いですよ!大高城から約3キロほど離れた所でわずか5千の兵と酒盛りしてたんですよ!

    あなたこそ勉強したほうがいいですよ!
    投稿者さんあまり。気にしないほうがいいですよ!

    多分あちらの方は鷲津砦も丸根砦も知らないでしょうから。

  • 義元は山の上で休息していたところを奇襲されたんですよ。
    もっと勉強してからアップしたほうがいいですよ。

    • あなたこそ勉強したほうがいいですよ!

      鷲津砦丸根砦をご存知で?

      知ってるなら義元がどこにいるかわかりますよね?

    • ご指摘ありがとうございます。
      TAIJIが勉強した際は、桶狭間の窪地で休憩していたとなっていました。
      様々な説があるのですね。

    • ありがとうございます。
      小説で書かれた説だったとは知りませんでした。
      早速、手直しさせていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    TAIJI

    「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。