七草粥の由来と七草の種類

春の七草

七草粥の由来とその七草って何?


本日より数日に渡って、七草粥の由来、7種の紹介、レシピ、アレンジとご紹介していきます。

どうぞ、お付き合いください。

七草粥の由来

「正月の贅沢な食生活で疲れた胃を休める」
七草粥を見るとすごく優しいのもなので、そう考えている方が多いです。

しかし、本当の由来は全く別のところにありました。

元々は中国の「七日正月」に由来する

七草粥の本当の由来は中国にありましら。
七日正月とは、6日までは年越しとし、7日が正月という風習があり7日が節目になっています。

もともと、1月7日とは3月3日や5月5日のような五節句の内の一つで、
桃の節句に並ぶ「人の日の節句」と言われています。

古来より、中国ではその日に吉凶を占う風習があり、1年の無病息災を願って、
特殊なお椀に野草を入れたお吸い物を作り食べていたとされています。

その7日に邪気を払うために春に存在する綺麗な葉っぱを食べたことが、今の七草粥の由来です。

そして、日本に渡って来てからも日本の習慣ともマッチすることから、現代まで引き継がれています。


春の七草とは

春の七草とされる野草7つはこちらです。
  1. せり・・・競り勝つ
  2. なずな・・・なでて汚れをはらう
  3. ごぎょう・・・仏を司る
  4. はこべら・・・繁栄がはびこる
  5. ほとけのざ・・・仏の安座
  6. すずな・・・神様を呼ぶ鈴
  7. すずしろ・・・汚れのない純白さ

中国から渡ってきた当初は、米、ヒエ、キビ、アワ等の7つの穀物を合わせたお粥を食べていましたが、
鎌倉時代になって、縁起を担ぐように上記の7種の野草を使うようになりました。


七草粥のシンプルレシピと正しい作り方

いつもありがとうございます!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。