七草粥のシンプルレシピと正しい作り方

About

TAIJI

「せっかくだから人生楽しもう」がTAIJIのテーマ。
今日はなにか楽しいことありました?
サラリーマンブロガー、iPhoneMaster、元バーテンダー、占い師(予定)
1987年生まれ岐阜県美濃市出身。今年から岐阜に戻るので岐阜の情報もお届けしたいです。現在はケータイショップの店長、2児のパパ。趣味は読書、面白便利アプリ探し、旅行、サークルっぽい活動。「これは共有したい!」と思ったことをお届けしています。

七草粥イラスト

七草粥の正しいレシピと作り方をご紹介

七草粥は前日の6日の夜に作るって知ってました?
七草粥を7日の朝に作っている家庭がほとんどですが、
実は、6日の夜の内に作っておくことが正しい作り方だったのです。

そんなことも踏まえて、今回は、シンプルで正しいレシピと作り方をご紹介します。

七草粥のレシピ

七草粥に使う材料(2~3人分)

    材料
  • 七草・・・(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)
  • 米・・・1カップ
  • 水・・・5~6カップ
  • 塩・・・少々

七草粥の作り方

中国の風習では、6日の夜のうちに作っておくことが習わしでした。
野草を49回刻みながら、このように歌います。
「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先にストトントン」
これが正しいかは定かではありませんが、この歌が邪気を払うためのおまじないとして広まりました。

唐土の鳥とは妖怪の類のもので、その血が付くと病気になると信じられており、
その妖怪が来る前に作ってしまおうといったことだったそうです。

そして、完成したお粥を1晩神棚にお供えするのが決まりでした。

作り方
  1. 米をとぎいで水気を切っておく。
  2. 七草はさっと塩茹でする。
  3. 塩茹でした七草を冷水で冷やす。
  4. 水気をしぼって細かく刻む。(無病息災を祈って49回)
  5. 鍋に米と水を入れて30分程炊く。
  6. 炊きあがるギリギリで塩をふり、用意した七草を入れる。

すごくシンプルで簡単な作り方でした。

これを少しだけ取って神棚へお供えし、あとは冷蔵庫で保管しておくと良いでしょう。

七草粥の由来と七草の種類

さ、今日も楽しくいこっか♪

→TAIJIってこんな人←

Sponsored Link

ワクワクしたらポチッとシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しもう」がTAIJIのテーマ。
今日はなにか楽しいことありました?
サラリーマンブロガー、iPhoneMaster、元バーテンダー、占い師(予定)
1987年生まれ岐阜県美濃市出身。今年から岐阜に戻るので岐阜の情報もお届けしたいです。現在はケータイショップの店長、2児のパパ。趣味は読書、面白便利アプリ探し、旅行、サークルっぽい活動。「これは共有したい!」と思ったことをお届けしています。