七草粥のシンプルレシピと正しい作り方

楽しんでいただけたら、是非シェア・フォローをお願いします。

七草粥イラスト

七草粥の正しいレシピと作り方をご紹介

七草粥は前日の6日の夜に作るって知ってました?
七草粥を7日の朝に作っている家庭がほとんどですが、
実は、6日の夜の内に作っておくことが正しい作り方だったのです。

そんなことも踏まえて、今回は、シンプルで正しいレシピと作り方をご紹介します。

七草粥のレシピ

七草粥に使う材料(2~3人分)

    材料
  • 七草・・・(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)
  • 米・・・1カップ
  • 水・・・5~6カップ
  • 塩・・・少々

七草粥の作り方

中国の風習では、6日の夜のうちに作っておくことが習わしでした。
野草を49回刻みながら、このように歌います。
「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先にストトントン」
これが正しいかは定かではありませんが、この歌が邪気を払うためのおまじないとして広まりました。

唐土の鳥とは妖怪の類のもので、その血が付くと病気になると信じられており、
その妖怪が来る前に作ってしまおうといったことだったそうです。

そして、完成したお粥を1晩神棚にお供えするのが決まりでした。

作り方
  1. 米をとぎいで水気を切っておく。
  2. 七草はさっと塩茹でする。
  3. 塩茹でした七草を冷水で冷やす。
  4. 水気をしぼって細かく刻む。(無病息災を祈って49回)
  5. 鍋に米と水を入れて30分程炊く。
  6. 炊きあがるギリギリで塩をふり、用意した七草を入れる。

すごくシンプルで簡単な作り方でした。

これを少しだけ取って神棚へお供えし、あとは冷蔵庫で保管しておくと良いでしょう。

七草粥の由来と七草の種類

Sponsored Link

ご一緒にこちらもどうぞ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。