穀雨とは 二十四節気 恵み始めの雨

楽しんでいただけたら、是非シェア・フォローをお願いします。

172d84a5d815b3853e1a36348cc01c98_s[1]

穀雨とは 二十四節気 恵みの雨

穀雨とは

穀雨」とは「こくう」と読みます。

二十四節気の第六節に当たります。


穀雨の期間

期間はその年によって1日くらいずれてきますが、大体4/20~5/6前後です。


穀雨の特徴

穀雨」は前の清明から次の立夏までの間の期間を指しています。

春も本格化、終わりに入っていきます。

気温もどんどん上がり、汗ばむ日が出てきます。

『暦便覧』には

「春雨降りて百穀を生化すればなり」と書かれています。


春雨が降って畑が潤い、種をまくにはいい季節。

そんな状況をうたっています。


穀雨は、種まきなどを始めるのに適した時期なので、農作業の目安にされています。

スポンサーリンク


穀雨の間に起こる事柄

穀雨の終わりごろには八十八夜があります。

この日に摘まれたお茶は質が良く、長寿のご利益があるとして重宝されています。

お茶の産地として有名な地域。宇治、静岡などでは

お茶に関するイベントが行われているそうです。

茶摘みを一斉に行ったり、手もみの実演や試飲。

日本古来からある「茶」を存分に楽しめる季節でもあります。


穀雨のまとめ

穀雨とは穀物を潤す雨。

そんな雨が降る季節です。

霜が付くのもこの季節には終わりに差し掛かります。


夏や秋に向けた野菜の収穫にあてて、

畑の畝を耕し、穀雨に入った時点で種を撒くように昔は行っているようです。


さらに、お茶の産地では茶摘みのイベントや手もみの実演で盛り上がります。

この時期の終わりに八十八夜がありその日に摘んだお茶は重宝されています。


穀雨の時期にある行事

国連記念日

昭和の日

八十八夜

憲法記念日

みどりの日

こどもの日
端午の節句

Sponsored Link

ご一緒にこちらもどうぞ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。