ひな祭りの歌詞とそこに込められた意味とは

楽しんでいただけたら、是非シェア・フォローをお願いします。

ひな祭りの歌に込められた意味とは


*音が出ます


ひな祭りの歌と言ったら、これですよね。
「灯りをつけましょぼんぼりに~」までは知っている方は多いですが、
全部を歌える方は少ないのではないでしょうか。

増して、意味まで知っている方となるとさらに少ないのでは。

今回は、ひな祭りの歌の歌詞を紹介すると共に、
そこに込められた意味をまとめてみました。

ひな祭りの歌詞をご紹介



作詞:サトウハチロー
作曲:河村光陽

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

お内裏様と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

*http://www.mahoroba.ne.jp/より


着物を着せかえて帯しめてなんて歌詞、
今まで全然知りませんでした。

この歌詞を作ったのはサトウハチローさんという方です。

ひな祭りの歌の歌詞に込められた意味

この歌詞を作った方は、前述の通りサトウハチローさん。
彼はすでに亡くなってしまっており、正しい意味に関しては分かっていませんが、
彼が生きてきた背景などを踏まえるとある程度分かってきます。

そこで、有名な一説があるのでご紹介します。

「うれしいひな祭り」という歌詞があるように、
きらきら綺麗な歌という印象が強いですが、実はそこまで明るい歌ではなかったのです。

実は、姉へ向けた鎮魂歌だったという話です。

歌詞の中に、

お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

というところがあります。

これは、嫁ぎ先が決まったお姉さんを連想させるのですが、
嫁ぎ先が決まったすぐに結核で亡くなってしまったそうです。

そのお姉さんを思いながら、明るい歌にすることで、
雰囲気のいいレクイエムにしたのでしょう。

Sponsored Link

ご一緒にこちらもどうぞ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。