ゴーヤ風呂の作り方と効能

ゴーヤ

ゴーヤ風呂が存在していた!その作り方や効能は?

沖縄では昔からゴーヤをお風呂に使うという習慣があったそうです。

まぁ全国では柚風呂、ミカン風呂、リンゴ風呂、昆布風呂といろいろな風呂があります。

以前、私の家ではシークワーサーを大量に頂いたので、シークワーワー風呂をした覚えがあります。

そう考えるとゴーヤ風呂があっても不思議ではないですよね。

今回はそのゴーヤ風呂が気になったので作り方効能を少し調べつつ、実際にやっている人はいるのかを探ってみました。



ゴーヤ風呂は実際にやっている人がいる?

ゴーヤ風呂を日常的にやっている人はいるのか?

更にその感想や考えを探ってみました。

ツイッターでゴーヤ風呂





実際にやっている人がしっかりいました!!

ゴーヤ風呂に対する印象

  • ゴーヤは健康に良いから浸かったとしても良さそう
  • お肌がツルツルになった気がする
  • お湯がやっぱり苦くなっている
こういった声がありました。


ゴーヤ風呂の効能

ゴーヤ風呂に期待できる効能について調べました。

医学的に証明されているとまでは確証が持てませんでしたので、そうなんだという感覚で読んで頂ければ幸いです。

美容液にも使われるほどのゴーヤパワー

ゴーヤは美容液にも使われているのをご存知でしょうか。

ビタミンCを豊富に含んでいることで有名になり、自然由来の美容効果として美容化粧品にも使われているんです。

それをお風呂にしてしまうということなので、お風呂上りはしっとりツヤツヤ。

そんな効果が期待できるようです。

ゴーヤの苦味は血液をサラサラにする

ゴーヤは体にいいということで有名ですが、その要因となっているのが血液をサラサラにするという効能です。

特にゴーヤ独特の苦み成分がそれを担っているのだとか。

直接摂取したほうがしっかり吸収されやすいと思いますが、お風呂にもその苦み成分が染み渡っています。

その成分が皮膚を通して吸収され、体全体に回っていきます。

そうすることで、血液サラサラ効果も期待できるそうです。

ゴーヤは美容と健康にいいお風呂と言えますね。


ゴーヤ風呂の作り方

ゴーヤ風呂の作り方を紹介します。

しかし、ミカン風呂や柚風呂もそこまで決まった作り方は無いので、適当でも大丈夫です。

ただ、上記のように効能をしっかりと得るにはこうしたほうがよいというものがあったので、ご紹介します。

ゴーヤ風呂の下準備

調べてみると、ゴーヤの本数は2~4本使っている方が多かったです。

  1. 水洗いで構いませんが、お風呂にいれるものなので、ゴーヤについている汚れをしっかりと落としてから使いましょう。
  2. ゴーヤは輪切り、または縦に真っ二つ
  3. 柚風呂をする時に使うような大きめのネットに入れる
あとは普通に湯船に入れるだけです。

効果を得るための注意点

通常、植物は外部からの刺激に強いように作られているので、外の皮からは上手に成分は溶けだしません。

なので、輪切りにしたり、縦に二つに切ったりと内部がお湯と接するようにする必要があります。

夏バテに効果を発揮すると言われているゴーヤ。

お風呂に入って疲れを落とし、さらに美容と健康に良い。

なかなか使えそうな植物ですね。

私の実家では熱さをしのぐためにリビングの窓際でグリーンカーテンと称してゴーヤを栽培しています。

毎年夏になるとかなりの量のゴーヤが収穫できるので、食べるだけでは追いつきません。

ゴーヤ風呂、挑戦してみたいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。