読書を習慣化する為に意識したい3つのメリット

こんにちは、
TAIJI(@taiji_jintano)です。

「読書をすることは良いこと」と言われています。

ただ、良いことだと分かっていてもなかなか実行できないのが現実ですよね。

ついついスマホを触ってしまったり、テレビを見てしまったりと、
思い返せば読書ができるタイミングだったのに。

そういうTAIJI同じです。

分かってはいるものの、今まで読書の習慣がないと
3日坊主ならぬ1日坊主で終わってしまいます。

そんな良くない習慣を打破するために、読書をすることで得られるメリットを考えます。

読書をするとこんな良いことがあるんだと再認識して、
読書習慣をつけるひとつの助けになれば幸いです。

表現力がアップする

読書をすることで得られるメリットの1つとして、
TAIJIが初めにあげるのは、表現力についてです。

本は文字だけで伝えたいことを表現しないといけないので、
筆者さんや編集者さんはうまく伝える為に試行錯誤しています。

その表現を知ることで、言葉の深みが増すようになるのではないでしょうか。

小説の場合

小説は概念の説明だけではなく、その場面の情景も言葉で表しています。

小説を読んでいると、こんな表現や日本語ががあるのかと驚かされることがあります。

実用本の場合

今まで聞いたことのないような専門用語や、
その言葉の説明文が載っています。

テレビを見ていると頭のいい人はよく分からない横文字をたくさん使います。

本を読むことで、そこまでは求めないものの、
知っている単語がどんどん増えていきます。

さらに、説明文はできるだけ分かりやすくなるように、
論理的に組み立てられているので、説明の仕方なども学べるので、一石二鳥以上です。

集中力が増す


本を読むと集中力がアップする可能性があります。

集中したと実感しやすい

好きな本を読んでいると、知らない間に時間が過ぎていることがあります。

「気づくと時間が思ったよりも過ぎている」

まさに思いっきり集中している証拠です。

読書はそんな状態を実感しやすい行為の1つだと考えます。

昔、ハリーポターの小説を1日5時間ぶっ通しで読んだ覚えがあります。

あの時の集中力は凄まじいものでした。

集中している感覚を覚えていけば、他のことに対しても集中力を発揮できるようになります。

本を読む=認識する

本を読むとはどういうことなのかを考えると、書かれていることを認識する行為と言えます。

認識するには、ある程度の意識を集中させる必要があります。

マジシャンが意識を別の所に向けておいて、
もう片方で細工をする場面をよく見掛けます。

人間は意識していない別のことを同時に認識することが苦手です。

本を読んでいるときに、気になるテレビがやっていたりすると、
そちらに気を取られてしまい、内容がまったく入ってきません。

気をそらさないように意識することで、集中する癖をつけられます。

Sponsored Link

やはりインプットが重要

無から有は生み出しづらい

こういったブログを書いていると、テーマを決めたものの、言葉が出てこない時が多々あります。

それは、持っている情報量が足らない証拠です。

なんとかひねり出せば、話を続けることはできますが、
どうしても薄っぺらい内容になりがちです。

やはり、インプットはたくさんするにこしたことはありません。

取り込むことによって自分が見えてくる

本を読んでいくと、
「いや、自分はこう思う。」
といった意見が生まれます。

今まで気づかなかったような素晴らしい価値観に出会えたり、
逆に、こんなことに怒りの感情が浮かぶのかなど、
自分を知るきっかけになります。

小説や自叙伝なんかは、主人公に自分を置き換えることによって、
状況を体験できるので、自分発見にはけっこうおすすめです。

まとめとつぶやき

まとめ

読書はメリットがたくさんある

本を読むことで得られる3つのメリットと題して、
本を読んで起こる成長にフォーカスして考えました。

今回あげたメリットは、

  • 表現力アップ
  • 集中力アップ
  • 自己発見
この3つです。

読書を進めていくと、自分の成長に直結します。

今日のつぶやき

TAIJI

読書をすることが好きなはずのTAIJIです。

先日も投資系の本をブックオフで5冊買ってきました。

買ったのは1週間前なのですが、いまだに1冊も読破できていません。

なんとか、読書する時間を捻出したいものです。

スマホゲームを卒業すれば、いいだけのことなのですが、
やめられない人間の性(さが)。

いつもありがとうございます!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。