観葉植物ベンジャミンの基礎知識と育て方

楽しんでいただけたら、是非シェア・フォローをお願いします。

観葉植物ベンジャミンの基礎知識と育て方

ベンジャミン
*輝華 楽天市場店さんからお借りしました。

観葉植物っていいですよね。
ベンジャミンを部屋に置きたいと思ったので、ベンジャミンについて調べてみました。

ベンジャミンの基礎知識

植物と言っても生き物。しっかりと育ててあげないと枯れてしまいます。
せっかく手に入れた命。大切に育てましょう。


ベンジャミンとは

原産地:インドから南アジアにかけて

特徴
比較的育てやすいと言われている観葉植物の中では人気の1つ。
幹が柔らかい為、TOP写真のようにねじるように編まれた状態で見かけることが多いです。


ベンジャミンの育て方

水やり
春~秋:表面が白く乾き始めたらたっぷりあげる。(できれば葉水もできると良いです)
 冬 :表面が乾いた後、2.3日してから与える。

肥料
春~秋:緩効性肥料を2.3ヵ月に1回少量与える。
 冬 :与える必要はありません。

冬越し:5度以上を目安に日当たりの良い所に置く。


ベンジャミンの豆知識

環境が変わるとびっくりする
環境が急に変わることによって、葉が落ちてしまうことがあります。
それにびっくりして水をたくさん与えてみたり。
または肥料をあげてみたりと急いで回復を図ることがあります。
しかし、逆に根を腐らせる原因や、肥料の取りすぎで痛むことがあります。

この葉が落ちてしまうのは、ベンジャミンにとってはよくあることで
環境が急に変わることで葉が落ちる性質があるよです。

その際は、普通にやさしく育ててあげてください。
環境の変化に慣れてこれば、再び葉をつけ始めます。


植え替え
ベンジャミンも他の植物と同じで大きくなったら植え替えをします。
目安としては5月~7月の間に2.3年に1回。一回り大きな鉢に移してあげてください。

周りの土を半分より少々少ないくらい残した株を
新しい土を入れた鉢に植え替えます。

どこからでも葉がでる
買ったときは綺麗な形になっていますが、成長を続けるのでゆくゆくは崩れてきます。
どこからでも芽がでる性質なのでそういった場合は成形し直すことが容易にできます。


ベンジャミンを楽天で見てみる

Sponsored Link

ご一緒にこちらもどうぞ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

TAIJI

「せっかくだから人生楽しも。」をモットーに日々生活しています。 このサイトでは、関わって頂ける方が少しでも「人生ってやっぱり楽しいものだな」「せっかくだから楽しく生きていこう」そう思ってもらえるようなお話をお届けできればと思っています。 どうぞよろしくお願いします。